リファレンスモニタースピーカー X-RM100 【本製品は生産完了品です】

リファレンスモニタースピーカー X-RM100

標準価格(税抜) 1,885,715

リファレンスモニタースピーカーの条件
「アンプを制作するときに、頼りになる物が欲しい。」特に悩ませているのが製品作製の課程のパーツ選定。
我々のモノ造りは、パーツのスペック(特性値)、値段のみに頼らず実際、実機に装着して 音を評価します。
時には数十種類に及ぶパーツを装着して音質評価を致します。
その音を評価する際、モニタースピーカーに固有の音楽性(癖、音色)があっては正しい評価ができません。
「正しい物差しがいる」布村がそう言った時から、モニタースピーカー開発が始まりました。
 
開発条件は、第一に今までにないモニター性能。
その為には直線性に優れた高い感度のユニットが必要でした。
セラミックの可能性に関心を抱いていたスタッフは、遅れが少なくナチュラルな音色の独Accuton社 のユニットを選定しました。
特にこだわったのは、エンクロージャーの設計。
多くのスピーカーは木製エンクロジャーを採用していますが木製では共振点が低く共振し始めると固有の音色が乗ります。
その音色は悪いことではありませんが、それこそが、スピーカーの個性になっています。
当社モニタースピーカーの条件は癖、音色を極限まで排除し音源、機材の音をそのままに出してくれるスピーカーを目指しています。
そこで鳴きが少なく、共振しても鳴き止みを速くする為、軟質系の素材は一切使用しない、肉厚の高剛性アルミ合金製金属をベースにエンクロージャーを開発しました。